川崎駅東口から徒歩5分。「J'sメディカルSTYLE川崎店」

美容整体×最新エステ技術
即日即やせなら、川崎のJsメディカルSTYLEへ!

こんばんは!

今週は過ごしやすい陽気なようですね!
そうなると運動だったりダイエットの季節になってきたなとも思ってしまいます。

今回はダイエットをするときでもしっかり摂取してほしいたんぱく質について書いていきます!
ダイエットを始めると女性はたんぱく質の摂取がぐんと減ってしまいがちです。代謝の良い体を作るのもキレイなボディラインを作るのも「筋肉」でその材料になるのがたんぱく質です!
なので、たんぱく質の摂取が少なくなるとダイエットの効率も下げてしまいます。

では、どんな食材を摂っていくことが重要なのかみていきます!

【肉類】
肉類はアミノ酸バランスのよい良質のたんぱく質を多く含む優れた食品です。
たんぱく質の1目当たりの必要限は60~70gで、半量を動物性食品からとるのが望ましいとされます。
そのためには肉から20g前後、肉の量こして100g程度を目安にし、あとは魚や、卵、牛乳などから摂取するように意識すると良いようです!

【魚類】
魚類も肉に負けない、優れた動物性のたんぱく源です。
魚のたんぱく質の特性としてあげられるのは塩分を排泄する働きです。
さらに、肉より低エネルギーであるうえ、コレステロールを蓄積しにくい不飽和脂肪酸が豊富なことなどから、生活習慣病の予防に有効であるとされています。

【卵と乳製品】
卵はたんぱく質の必須アミノ酸バランスが非常によくて、理想的な完全食品といわれています。
コレステロールが多いと一時敬遠されたことがありますが、卵黄に豊富に含まれるレシチンには血中コレステロールの増加を防ぐ作用があるため、特にコレステロールに不安がある人以外は問題ありません。

【大豆】
植物性のたんぱく源で、アミノ酸バランスのよい良質のたんぱく質が豊富です。
また、レシチン、サポニン、ビタミンE、リノール酸など生活習慣病予防に有効な成分が多いのも特徴なので、動物性のタンパク質と組み合わせてとるようにしましょう。

毎日の食事の中にしっかりたんぱく質も取り入れていきたいですね!

ブログ画像

 

明日のご予約状況です

 

明日は16時までご案内しやすくなっています。

お気軽にお問合せ下さいませ♪

骨盤矯正×エステ「JsメディカルSTYLE川崎店」 PAGETOP